猫とアロマテラピー

アロマが好き!という方、

ネコが好き!な方も多いのではないでしょうか?

 

最近、私の周りでも猫を飼う方がどんどん増えているので、
今一度、ネコちゃんとアロマテラピーについてのお話をさせていただきます

 

 

 

 

猫にアロマはNG!!

 

 

 

結論から言うと、ネコちゃんにアロマはNGなんです。。。

肉食動物のネコ科の動物は、精油の成分を肝臓で分解できないと言われています

 

 

 

“天然のものだから大丈夫”

“自然のものだから安全”

 

 

 

と、思っている方・・・

 

 

 

 

その考え方自体、要注意です!!!

 

 

 

精油は、植物から採れた高濃度の芳香物質

あの小さな小瓶の精油を採るのに、大量の植物が使われています

キロとか、トン単位で

 

 

だからこそ貴重で、高価で、

使用にも注意が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

猫と暮らす方へ、アロマテラピーの注意事項

 

 

・猫には絶対に精油(エッセンシャルオイル)を塗らない

※希釈したものでも、塗らないでくださいね

精油成分は皮膚から吸収されてしまいますし、グルーミングでなめてしまう危険性もあります。

 

 ・絶対にエッセンシャルオイル(精油)を舐めないようにする

※ネコちゃんのいたずらしそうな場所にアロマを置かないこと

飼い主さんが体に塗ったアロマを(アロマトリートメントを受けた場合も)舐めさせないように!

アロマの手作り化粧品などで使用したビーカーなども要注意!

 

 

 

 

香りを嗅ぐだけの芳香浴は平気なの?

諸説あるようですが、

呼吸して吸い込まれる微量の精油が、体内に溜まって問題が起きるというのは

過剰な考え、という見方が強いそうです。

 

 

 

香りを充満させた部屋に閉じ込めるとか、直接嗅がせるのは、拷問な気がしますが・・・

(そもそもヒトにとっても、ほんのり香るくらいが丁度いいわけですし)

 

 

 

心配な方は、アロマディフューザーで香らせたい部屋と、

ネコちゃんが生活する部屋を分けたり、使用量に気をつけたり、換気をしたり、

お風呂場だけで使う〜など、工夫するといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この精油は大丈夫〜とかも今の研究段階ではまだ、わからないそうです。

成分的に、柑橘系やティ−トリー、またはフェノール類やケトン類の成分を多く含む精油などは

猫にとって刺激が強すぎるのだとか。

 

 

と、言っても…ふぇ、ふぇのーる類??と

精油の成分まで理解している方は少ないと思うので、

精油、全般NG!!と思ってくださいね。

 

 

 

こちらのサイトを参考にしています↓

猫に対するエッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)の危険性

 

※上記のサイトでは研究結果が記載されていますが、個人的に動物実験は反対です。

 

※当ブログでは簡単にまとめましたが、危険性を理解し注意して猫ちゃんと仲良く暮らしていただければと思います。

 

※もちろん、精油って怖い…などと避けたりせず、安全な使用方法で楽しんでいただければと思います。

安全な使い方で楽しんでいただく、その手助けをすることこそ、アロマセラピストの役割だと思っております。(^-^)

 

 

横浜の伊勢山ヒルズの近くにある自宅サロン Apr.aroma salon

桜木町駅・日ノ出町駅・戸部駅より 徒歩10分程度

セラピスト一人、ベッド一台のプライベートサロンです。

アーカイブ

最近の投稿

2018年8月21日 5:14 PM  カテゴリー: blog, 注意

Now Loading