芳香蒸留水(ハーブウォーター、フローラルウォーター)とは

芳香蒸留水、再発見

 

 

ということで、今期のAEAJ(日本アロマ環境協会・機関誌)にも取り上げられていました

 

 

芳香蒸留水とはなんなのか、

芳香蒸留水ってどうやって使うの?

 

ということを少し見直していこうと思います!

 

 

 

 

芳香蒸留水(フローラルウォーター・ハーブウォーター)とは・・・

芳香蒸留水は、別名、フローラルウォーターや、ハーブウォーターとも呼ばれています。

簡単に言えば、香る水溶液ですね。

アロマテラピーを勉強した事がある方は、次の言葉、聞いた事があると思います

 

 

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法 @神戸布引ハーブ園にて

 

 

 

植物から精油を採取する方法の一つです。

そして、芳香蒸留水は精油を採るときの、副産物とも言われています

 

 

植物に蒸気を当てて、精油成分を気化させ、その蒸気を冷却すると、

芳香蒸留水と、少しの精油が採れます

芳香蒸留水には、採りきれないごくごく微量の精油が含まれていて、

ほのかにいい香りがします

 

 

 

水蒸気蒸留法の歴史

”蘭引” @神戸布引ハーブ園にて

 

 

 

古代の錬金術師が最初に見つけたと言われる

“ 香りを捕まえる方法 ”

数千年も前から存在していた方法ですが、

医師のイブン・シーナによって11世紀にようやく確立されました。

 

 

 

日本では江戸時代に、“蘭引(らんびき)”と表現されていました

 

 

 

昔は、芳香蒸留水も貴重で、庶民には手の出せないものでしたが

修道院にて敷地内の薬草の蒸留をするようになり、身近なものとなったそうです。

 

副産物、と言われて軽視されがちですが、昔は医療にも使った貴重なもの

 

 

その有効性が、再認識されています!

 

 

 

 

使い方や特徴、精油との違いは?

 

 

 

芳香蒸留水に含まれる精油はほんとうにわずか(0.01~0.1%ほど)

なので、精油よりも安全性が高く禁忌事項もほとんどありません。

 

そのまま、皮膚に塗ることが出来ます!

 

 

・化粧水

・ヘアスプレー

・ルームスプレー

・リネンウォーター

 

 

としてそのまま使用したり、

 

 

手作り基礎化粧品の材料にしたり、

(クレイと混ぜてパックにする、クリーム作りに使用するなど・・・)

実際、古くからスキンケアの原料として使われてきたので、

市販のスキンケア用品にも入っていることが多いです。

(よく、~ウォーターや~花水と明記されていますね)

 

 

精油(エッセンシャルオイル)は、

高濃度で危険性も高いので、直接皮膚に塗ってはいけない、禁忌事項などもあるので使用には知識や勉強が必要

 

芳香蒸留水(フローラルウォーター)は、

精油に比べて成分は微量だが、そのまま皮膚に使えて、香りも楽しめる初心者にも使いやすいもの

 

 

 

芳香蒸留水は

 

・やさしい使い心地

・いい香り

・価格が精油より安い

・禁忌事項がほぼ無い

・肌に直接塗布できる

 

という面での使いやすさから、

最近また注目されているのかもしれませんね

 

 

お鍋でゼラニウムの蒸留をためしてみました →こちら

AEAJ miñangos おうち時間 おすすめ本 みなとみらい むくみ アクセサリー アロマ アロマテラピー アロマテラピー検定 アロマドライヘッドスパ エステ エッセンシャルオイル オンラインショップ オーダーアロマ カモミール クレンジング スキンケア ストレス セルライト ダイエット デトックス ハーブ ハーブウォーター ハーブティー フラワーウォーター ヘッドマッサージ マスク ミント メリッサボーテ ラベンダー リラックス 不眠 休業期間 新型コロナウイルス 桜木町 梅雨 横浜 目疲れ 精油 紫外線対策 肌荒れ 芳香蒸留水 香り 香水

アーカイブ

最近の投稿

2018年10月18日 1:38 PM  カテゴリー: blog, アロマやハーブの活用法

Now Loading