星の王子さまとバラの花

 

みなさん、バラは好きですか?

 

美しく、儚く、弱く、

鋭いとげのある薔薇

 

人でいうと、女優のような植物だな~と思います。

〜『星の王子さま』より〜

 

 

“夕方になったら覆いガラスをかけてくださいね。ここ、とても寒いわ”

 

 

 

“ついたてはどうなすったの?”

 

 

 

 

 

自分がこの世で一番美しい、と思っている女優のような植物

 

薔薇

 

 

 

そんなバラの花が登場する小説

 

サン=デグジュペリの

星の王子さま という本

読んだことはありますか?

 

星の王子さまが

この世に、たった一つという珍しい花だと思って、自分の星で育てていたバラ

 

 

 

 

 

そのバラが実は、地球という星のたった一つの庭先だけに五千とある

当たり前のバラの花でした…

 

 

それを知り落胆した王子さま

 

 

 

 

 

 

 

しかし、キツネとの出会いで

 

自分のバラの “特別” さ、大切さに気づきます

 

 

 

 

 

“あんたたち、ぼくのバラの花とは、まるっきり違うよ

 

 

あの一輪の花が、ぼくには大切なんだ

 

 

だって

ぼくが水をかけた花なんだからね

覆いガラスもかけてやったんだからね

ついたてで、風に当たらないようにしてやったんだからね。

 

 

 

不平も聞いてやったし、

自慢話も聞いてやったし、

黙っているならいるで、どうしたのだろうと、聞き耳を立ててやった花なんだからね ”

 

 

・・・・・・星の王子さま (岩波少年文庫)・・・・・・・

 

 

子どもの頃に読んだ本ですが

改めて、“本当に大切なもの” に気づかせてくれる本です。

 

 

 

私も小さいとき飼っていた文鳥が、

ハワイに行ったときに公園に沢山いた際は

とても衝撃的でした。。。

 

 

 

 

何でもそうですよね。

 

 

 

 

自分が見つけたもの、作ったもの、育てたもの、大切にしたもの

共に時間を過ごしたもの

 

自分にとってストーリー性のある物ほど特別で

 

 

 

それに気づいたとき、それが

誇りとか、自信とか、活力になる気がします

 

 

 

 

 

 

王子さまにとってのバラの花のように

 

自分だけの

“特別” なもの(あるいは人)はありますか(いますか)?

自分で選んで作る “特別な” オリジナルティー

自分だけの “特別な” 香りのハンドクリーム

 

ワークショップの詳細は

こちらから→ WORKSHOP RALLY 

 

 

 

 

アーカイブ

最近の投稿

2018年11月6日 3:01 PM  カテゴリー: blog, ストーリー

Now Loading