おうち時間〜香りのおすすめ本①〜

Ylanite KoppensによるPixabayからの画像

アロマセラピストの本棚

みなさんはこのテーマの本は絶対買ってしまう!というようなものはありますか?

私の本棚は、アロマやハーブ、マッサージや解剖生理学、化学についてなどのお勉強本が8割くらい。あと最近は、健康本が多いですね笑

決して読書家とは言えないのですが、香りについてなどの本は集めてしまいますね。

緊急事態宣言も出され、おうち時間を過ごす方も多いと思うのでおすすめの本をこれを機にご紹介していきたいと思います。

まずご紹介したいのがこちらの本

調香師 成瀬馨瑠の芳醇な日常

(SKYHIGH文庫) 2016/11/10 端島 凛(著)

こちらの本は、文庫本なんですが漫画のように読みやすいです。

(Kindle版もあるようですが、リンクが上手く見れない方は下の方のリンクから飛んでみてください)

内容は、

魔女のような店主(調香師)のいる小さなアロマ雑貨店、そこに迷い込んだ男子高校生がアルバイトをして、香りについて学んでいくお話です。

Photo by Bundo Kim on Unsplash

6つの短い物語があり、

要望に合わせて香りを作りだす様子や、植物から香りの成分を採る様子、

匂いから謎解きをしていく様子などがちょっとした事件と共におもしろく描かれています。

匂いで探偵のように様々なことを感じ取ったり、

想いやメッセージを香りに込めていく馨瑠さん(店主)の姿はとても魅力的です。

あと、ストーリーごとのタイトルもファンタジーで個人的に好きです。

そして、ラストがすごく良い。とても爽やかで良い終わり方です。

感動してしまいますよ。

同じように調香師の物語つながりでもう一つオススメがあるのでそれはまた次回ご紹介します。

香りや、ハーブが好きな方は楽しめるお話だと思います。専門的な知識がなくても小学生でも楽しめると思いますし、勉強になります。ぜひ読んでみてくださいね。

アーカイブ

最近の投稿

2020年4月17日 6:20 PM  カテゴリー: blog, book

Now Loading