コロナ太り?外出自粛太り?=ストレス太りです

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

外出自粛で、運動不足・・・

最近よく聞く、コロナ太り

みなさんは、大丈夫ですか?

ストレスが原因

そういうと、

そんなにストレスはないんだけどな・・・と思う方がいるかも知れませんが、

そんなはずはありません。

ストレスって、そもそも自分で意識しているものばかりじゃないんですよ。

ちょっとしたことでもストレスの要因となっています。

  • ・外出したいのに外出できないこと
  • ・生活費の倹約
  • ・社会の情勢についてのいらだち事
  • ・仕事内容の不満
  • ・したくない仕事をする
  • ・店のレジなど順番を待たされること
  • ・不規則な生活
  • ・足腰などの体の痛み
  • ・先の読めない不安、予定が立てられない

そんなストレスを発散する方法が、 食べること になっていませんか?

太る直接的な原因

ストレスやホルモンの関係で太るのですが、

直接的な原因は、(すごく普通のことを書きますが)

  • ・糖質と油分(脂肪分)の過剰摂取
  • ・運動不足
  • ・間食
  • ・お酒のお供の味の濃いおかず

これらの、やめられない止まらない♪が原因ですよね。

(わかっちゃいるけどやめられない)

なので、太らないために何をすればいいのかを“書くこと”は簡単なんです。

太らない・痩せる方法

糖分と油分の摂取量を減らして、間食をやめる。(お酒の時間も間食に含まれます)

味が濃いものを食べすぎない(塩分摂りすぎるとむくみます)

腹八分目にとどめて適度な運動をする。(有酸素運動で汗をかく)

リンパの流れを良くするマッサージなどをする。

たぶん昔からずっとこれです。

(食べてないのに太る、は病気が原因な事もあります。医療機関に相談しましょう)

しかし、できる人が少ない!

だからこそいろいろなダイエット法がどんどん色々新しく出てくるんですよね。

わかっちゃいるけどやめられない

ではなぜ、できないのか?

それは、 食べること=ストレス解消法 になっているからではないでしょうか?

  • なんとなく暇だとつまんでしまうお菓子
  • 美味しいものを食べているときは幸せ
  • お腹が空くとつらいから常に食べてしまう

など。思い当たるフシがありませんか?

食べているときは幸せに感じる ということを脳が覚えてしまうと、

ストレスを感じた時に必要以上に食べてしまいます。

もちろん、美味しいものを食べることは本当に幸せなことです。

でも食べるのは一瞬。食べたらすぐになくなってしまいます・・・

(いや、なくなるのではなく脂肪になるのですが・・・)

なのでそこに依存するのは、肥満の元です。

(その分動ける人は問題ないと思いますが)

極度な食事制限より心を満たそう

食事制限は、逆にストレスになることが多いです。

そもそもストレスが原因なのにそれを増やしても反動ですごいことになるだけです。

かといって、制限なく食べるのも問題です。

ではそもそもの問題、

ストレスを他の方法で解消する方が根本から改善できますよね。

(ストレスマネージメント方法は、次の記事に乗せていきます。)

物理的にできることから

また、アタリマエのことなんですが・・・

なければ、食べないですよね?

  • ・スーパーに買物に行くときはお腹をすかせていかない
  • ・お菓子や菓子パン(一番太ります)を買わない(家に置かない)
  • ・ジュースや炭酸飲料、スポーツ飲料など市販の甘い飲み物を飲まない(吸収されやすい糖分がすごいです)
  • ・コンビニ食を改める(コンビニのおにぎりは油でコーティングされているとか)

アロマに関してもそうですが、

食に関しても、知識があるかないかで防げる後悔があるかもしれません。

知識があれば選ばないものも、何も知らなければ美味しいからと食べてしまう。

そういう意味でも、食について学んでみるのも良いかもしれません。

依存してしまうような美味しい食べ物は、なにかカラクリがあるのかも?

そしていつの間にか自分の体に負担をかけているのかも?

太っている、痩せているという見た目の問題だけでなく、年齢とともに

健康を害する要因となります。

そういう意味でもやはり、食べることでストレスを発散する癖は、今のうちから直しておいたほうが良いかもしれません。

次の記事で、ストレス発散方法書いていきます。

→ ストレスはこまめに発散が鍵

アーカイブ

最近の投稿

2020年5月3日 11:03 PM  カテゴリー: blog, トレンド, 注意

Now Loading