ストレスはこまめに発散が鍵

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

コロナうつ、やコロナ太り・・・

ストレスが原因で様々な心身の不調を抱えている方も多いのでは?

人間は、ちょっとしたストレスがはじまりでも、溜まって重症化すると本当に病気になってしまいます。

それを防ぐためには、ちょこちょこ発散&解消していくのが鍵です。

ストレスに対する適応力

あの人はメンタルが弱い、だとか、無頓着でストレスなんてなさそう・・・

なんて言いますけど、ストレスは確かに、適応力というのがあって

性別や年齢、体質や気質などの 先天的 なものと、

体力や知力、経済力、生活習慣の良し悪しなど、後天的 なものがあります。

ストレスの適切な対処方法

ストレスの対処法は、良いものと悪いものがあります。

どちらも解消はされますが、悪いほうだと歪が生じて他に悪い影響が出てストレスが循環してしまいます。

良いストレス対処法とは、自分も、周りも傷つけない方法のことです。

良いストレス解消法

<程々に・自分も周りも害さないように>

  • ・運動(楽しめる範囲の適度なもの)
  • ・会話(愚痴ではなく、楽しく話せる・自分を高めてくれる相手が理想)
  • ・気分転換 (散歩や、野菜を育てるとか)
  • ★アロマテラピーやハーブティー
  • ・逃げる(もちろん、それもありです)

そして何事も 程々に が重要です。

香りは最高のストレス解消法

monicoreによるPixabayからの画像

嗅覚(鼻)は他の感覚器(視覚・味覚・聴覚・触覚)と違って

唯一、大脳辺縁系(本能を司るところ)に直結しています。

心地よい香りを嗅げば、一瞬でマイナスの状態になった心身をプラスに持っていくことができるのです。

逆に言えば、嫌いな香りを嗅げば、一瞬で最悪な気分になりますよね?

ストレスって、理性で考えたりよりもそういう、本能的な部分を刺激してあげたほうがすぐに消えてくれます。

そして香りなら、脂肪にはなりませんから食べ物よりもいいですよ!

特に柑橘系は、気分を明るくリフレッシュしてくれます。

でも、自分が好きと思う香りでオッケーです。

持ち運べてこまめに塗れるロールオンタイプや、スティックタイプなどの

アロマ製品がおすすめです。

こちらは、アロマスティック。RELAXの他にも、バランス・フォーカス・カーム・エナジー・リフレッシュなどがあります。

ちなみに容器と精油などさえあれば簡単に作ることもできます。

精油など持ってない方は、オレンジの皮をつまんでみたり(目に汁を入れない)

紅茶やハーブティーの香りを嗅いでみたりもおすすめです。

自然の香りをかぐと、自然と深い呼吸になります。

ふわっといい香りを嗅ぐと少し力が抜けて、肩も力が抜けて良い呼吸ができるはず。

まとめ

日本人は我慢強くて真面目な方が多いですが、

気づいた頃には病気になっていた・・なんてことにならないように、

自分や身近な方の些細な変化に気づいてこまめに対処できたらいいですよね。

ストレス解消方法、たくさん書き出してみてください。

5つ以上あれば、色々乗り越えていけると思います。10個でも20個でも多いほうがいいですね!(それは本当に自分や他人の害にならない?を判断基準に)

気分転換のために香りを持ち歩く方、増えたらいいなと思います❀

アーカイブ

最近の投稿

2020年5月4日 9:11 PM  カテゴリー: blog, トレンド

Now Loading