冷感マスクで流行りのハッカ油スプレーですが・・・

以前、こちらの記事でマスクに精油を直接つけるのは危険!

というお話をしましたが

最近、ハッカ油のスプレータイプが流行っているらしいですね。

しかし、このハッカ油は

いわゆる市販のマスクスプレーとして販売しているものと違います!

直接マスクにたくさんスプレーすると、刺激が強いので危険です!

(やってみるとわかると思いますが、、、香り強すぎてうっ!となるはず。皮膚の弱い人はヒリヒリしたりするはず、、、)

※マスクスプレーとしてアロマショップなどで販売されているものはエタノールや精製水も入っていて濃度はそこまで濃くないはずなのでマスクの外側に直接スプレーして大丈夫です。

マスクに香りをつけたい方に一番オススメの方法

なるほど!という方法がこちら。

簡単ですし、安全でおすすめです!

<用意するもの>

・コットン or  ティッシュ

・密閉容器(ジップロック袋でOK)

・マスク

・精油(ハッカ油のスプレータイプを購入している方はそちらでも大丈夫です)

コットンに精油を1滴含ませて、ジップロック袋にマスクと一緒に入れます。

※コットンとマスクが重なって精油が直接つかないように気をつけましょう

以上!

しばらくすると香りが移っているはずです^^

バッグに入れて持ち運んだりもできるので便利です。

ちなみに、ペパーミントや和ハッカの香りは確かに、

冷感

を味わえますが、あくまで感覚の問題

実際、体が暑いのは変わりないはずなので、

水分補給など熱中症対策も忘れずに。

マスクと過ごす夏、、、ほんとうに熱中症気をつけましょう!

以前書いた記事はこちら↓

マスクに香りをつけるときは気をつけましょう

アーカイブ

最近の投稿

2020年6月9日 12:46 PM  カテゴリー: blog, アロマやハーブの活用法, トレンド

Now Loading