コロナ禍おすすめNo.1精油ラヴィンツァラ

オンラインショップ見てくださった方からの質問で多いのが、

らびんさら? ってなんですか?

確かに個人的にはよく利用している精油でしたが、サロンや物販では新入りです。

オンラインショップ、販売したい精油ばかりでかなり悩んで絞ったのですが、この精油をメンバーに入れたのは他でもなく

個人的に コロナ禍での生活に一番フィットしている精油 かも、と思ったからです。

さて、本日のブログではそんな ラヴィンツァラ(ラビンサラ) についてお話していきます!

ラヴィンツァラ

学名:Cinnamomum camphora

科名:クスノキ科

Ravintsara は ”万能の葉” や ”(体に)よい葉" という意味で、

昔から健康維持や治療などに用いた植物です。

クスノキ科ということでわかるように、木です。小枝や葉っぱから精油が採れます。

コロナ禍におすすめな理由

ラビンサラ

ストレス・不安・不眠・疲労

呼吸器系の不調・免疫力・肩や足の疲れ・強壮

抗菌・※抗ウイルス・去痰・消臭・虫よけ・火傷や炎症・鎮痛

※皮膚刺激あり ※新型コロナウイルスに効く、というわけではありません

なんだかよくわからないウイルスが流行して、不安

自粛や新しい生活様式で、ストレス

情報がたくさん流れてきて落ち着かない、眠れない

ストレスでも凝るし、体もつらい

とにかくとりあえず、自分の免疫力を上げたい

風邪もひけないよな~でも乾燥してきたらのどが痛くなりそうだな~

負けずに強く生きていかないとなあ~

という時、おすすめだから、今おすすめ!なわけです。

余談①:ラベンサラ?ラビンサラ?ラヴィンツァラ???

ちょっとややこしいのが、「ラベンサラ Ravensara aromatica」と「ラヴィンツァラ Cinnamomum camphora」問題。

以前はラベンサラと言っていたんですが、実際は別の植物、ラヴィンツァラから採った精油が出回っていた、とかいうお話。

私も、昔はラベンサラと習っていたのでどういうことー?と思ってました。

しかも、未だにラベンサラと表記されて販売されているものもありますし、本など情報系も名前の呼び方がいろいろ。(多分、今更統一できないのでは?)

(フロリハナ社では英語表記は Ravinsara、日本語表記はラビンサラ)

そして、さらにややこしいのが、ホーリーフや、日本のクスノキ(樟脳)と学名が同じ。なのに違う植物・・・もう色々とどうにかならないんですかね?

ということで、見分け方は成分で、ということになります。(しかもケモタイプ…まあそれはおいといて)

私が紹介したい、ラヴィンツァラ Cinnamomum camphora は

成分で多いものが 1.8シネオール という成分です。

これは、ユーカリなどに多く含まれる成分です。

余談②:無人島にもっていくならラビンツァラ?

ちょっと昔、無人島に1つだけ持っていくなら何の精油?という質問に、

多くのアロマセラピストが ラビンサラ と答えたという話(噂)がありました。

確かに、無人島って不安だし、眠れなそうだし、菌とか怖いし、虫に刺されるかも。

強くならなきゃ!という気持ちを掻き立ててほしい。

例えば、万能精油と言われるラベンダー、でもちょっとパンチが足りないし、

ユーカリやティートリーじゃ、スッキリするけど刺激が強すぎるような。。

そんなラビンサラ(ラべンツァラ)・・・

もう、私も、どの名前で読んだらいいかわからなくなっていますね笑

おすすめです!

AEAJ Melissa Beaute おうち時間 おすすめ本 むくみ アクセサリー アロマ アロマテラピー アロマテラピー検定 アロマトリートメント アロマドライヘッドスパ エステ エッセンシャルオイル オンラインショップ カモミール クレンジング ストレス ストレス解消 セルフヘッドマッサージ セルライト ダイエット デトックス ハーブ ハーブウォーター フラワーウォーター フロリハナ ヘッドマッサージ ミント メリッサボーテ ラベンダー リフレッシュ リラックス 休業期間 地球 新型コロナウイルス 桜木町 横浜 目疲れ 精油 精油とは 細身 自律神経 芳香蒸留水 香り 香水

アーカイブ

最近の投稿

2020年9月14日 10:51 PM  カテゴリー: blog, ストーリー, 物販情報

Now Loading