精油とは(1)

ハーブとアロマって何が違うの?

よく、「ハーブとアロマって何が違うの?」
という質問がありますが、
一般にアロマ=アロマテラピーのことで、それで使う精油(エッセンシャルオイル)のことを皆さんアロマって思っていると思います


アロマテラピーの基本となるものが精油(エッセンシャルオイル)


じゃあその精油とは?についてまず知っていただきたいと思います

ハーブは生活に役立つ、香りのある植物のこと。

簡単に言うとその香る成分が精油です。


※精油はいわゆるハーブと言われるもの以外からも採れます。オレンジなどの果皮やヒノキなどの木からも

精油は植物のどこから採れるのか


精油は、植物の花や葉、果皮、果実、根、種子、樹脂、心材、樹皮、などから採ることができます。

100倍以上に濃縮?!


そして重要なのは、たくさんの植物からほんの少ししか採れないと言うこと!



例えばラベンダー精油は、ラベンダーの花穂100〜200kgから1kg、ローズは3〜5㌧分の花から1kgしか採れないのです
(※産地や生産条件によっても変わります)

ハーブと精油の大きな違いはその『濃縮度』
精油は100倍以上に濃縮されている、かなり高濃度なものなのです。




こう聞くと、 精油の一滴の濃さ、貴重さ がまず理解できると思います。

濃度が濃いと言うことはその分薬理作用も強力で、その分危険性も高い

ということを連想してください。まずはそこを理解して…


あ、でも怖がることはありません


きちんと学んで安全に精油を使用してアロマテラピーを楽しんでいただきたいと思っています。

<これを気にアロマテラピーを学ぼう> 過去の投稿は以下からチェックしてください!

1.アロマテラピーとは

アーカイブ

最近の投稿

2020年4月17日 3:26 PM  カテゴリー: blog, Study

Now Loading