精油の取り扱い方法

精油(エッセンシャルオイル)の性質や、品質の違いから選び方について学んでいきました。

さあ、いよいよ精油を手にしたらどのように扱うのか?

保管方法や、安全に使用するための注意点などを書いていきます。

精油(エッセンシャルオイル)の保管方法

高温多湿を避け、冷暗所で保管

精油の劣化の原因となるのは、

温度・湿度・酸素・紫外線(日光)です。

蓋をしっかり締めて以下の場所を避けて保管しましょう。

日光が当たる場所 

✕ 浴室や脱衣所など湿気の多いところ 

の中 

のそば 

ペットや子供の手の届くところ 

など

※また、中身を他の容器に入れ替えて保管するのもやめましょう

(プラスティックを溶かす精油もありますし、透明の容器などは遮光されないので不向きです。知識のない場合は入れ替えないように!)

使用期限と一瓶の量

保管状況や種類にもよりますが、基本的に精油は

開封後は 1年以内 に使い切りましょう。

柑橘系の精油は劣化が早いので 半年以内 に使い切りましょう。

精油の瓶は1ml〜販売しているところもあります。

精油を初めて使用する方が、10ml瓶を10本など買い揃える必要はないと思います。

精油は植物から採れる貴重なものです。無駄にならないように使える分量を考えて購入しましょう。

ちなみに 精油の1滴は0.05mlとして、5mlの小瓶で100滴あります。

※メーカーによって誤差があります(例)フロリハナ社製品は 1滴0.03ml

使用時の注意点

原液を直接肌につけない

飲まない

目に入れない

火のそばでは注意

不快感や異変を感じたら使用をやめる

大量に長期間使いすぎない

この6つは最重要です!!!

そして次回は、なぜ以上のことを気をつけなければならないのか、

精油の安全性とはなんなのか、

また、妊婦さんや治療中の方など、特に注意が必要な方は?

などをまとめていきます。

大事な部分なので続けて書きました。 

精油の安全性と注意点 こちらも必読です!

<これを気にアロマテラピーを学ぼう> 

過去の投稿は以下からチェックしてください!

1.アロマテラピーとは

2.精油とは(1)

3.精油とは(2)

4.精油とは(3)

5.アロマオイルと精油の違い

6.精油の品質

アーカイブ

最近の投稿

2020年4月30日 11:24 PM  カテゴリー: blog, Study, 注意

Now Loading