ジャスミンの香り成分インドールは○○の匂いという衝撃

aferroproによるPixabayからの画像

うっすら香るからいい香り

みなさんは、好きな香りや嫌いな香りありますか?

いい香りに包まれているといい気分になって

嫌な香りを嗅いでしまったときは、吐きそうになりますよね(極端・・・笑)

私は柑橘系が好き〜とか、お花の香りが好き〜とか

色々あると思いますが

実はそれって、

うっすら香っているから いい香り

なんです。

何の匂いを嗅ぐか、も、もちろん大事なんですが

重要なのは

香りの強さ(濃度)

強い香りを嗅いで気分が悪くなる経験をしたことがある人もいるのでは?

私も精油の瓶を大量に洗うときは香りが強すぎて辛いです・・・

香水のつけ過ぎとか、精油原液大量使用とか、柔軟剤入れ過ぎとかは気をつけましょう

白いお花の香りは○○の香りと一緒

SundineによるPixabayからの画像

いい香りのする白いお花

ジャスミン(精油は超高級)などの白いお花

白いお花って、可憐で清楚なイメージありますよね。

でも実は、

白いお花の香り成分インドール 

なんと・・・

糞便(うん○)

のニオイ成分なんです!!(衝撃的事実)

え?と思うかもしれませんが事実。

便の匂い成分をうすーくするとお花の香りです

匂いの強度で、花とうん○程の差がでるなんて!と

初めて知ったときは私も驚きました。

魅力には個性(醜さ)が必要不可欠?

衝撃的な事実ですし、えーなんか嫌だーと思う方もいるかも知れませんが、

インドールはジャスミンの花の香に欠かせない成分です

インドールがないジャスミンの香りは、もはやジャスミンではありません。

その事実を知ると・・・

醜さも個性、大事なもの

となのかも、と気付かされるかもしれません。

うっっっすら醜さ(個性)があるからこその美。

どんなに美しいものでもみんな醜い部分も持っていて、

その濃度(バランス)によって、花と○○程の差が出る

完璧を目指したくなるかもしれませんが、

本当は、欠点のない完璧のもは魅力がないのかも。

ジャスミンのインドールに真の魅力について考えさせられます。

アーカイブ

最近の投稿

2020年5月23日 9:18 PM  カテゴリー: blog, 注意

Now Loading