心へのアプローチは断然メリッサ=レモンバーム

心へのアプローチは植物の力

外出自粛で生活がガラッと変わり、なんだかそれにも慣れてきたかも?

というころで、また

ガラッと変わって “新しい生活様式” の生活がはじまります。

私はストレスなんかない、という人も変化に対応するまでは気づかぬところで

ストレスが溜まっていることも。

また、変化に敏感な方や適応力が弱っている方は、鬱や自律神経失調症などの症状が出てきてしまいます。

そして更に、女性は、ホルモンバランスも崩れやすいです。

些細な変化やストレスでも女性ホルモンのバランスに大きく影響します。

自律神経系・内分泌系(ホルモンバランス)・免疫系

この3つはお互い影響しあっているので、どれかがバランスを崩すと他のところにも影響してきてしまいます。

そこでその繊細なバランスを保つ(もとに戻す)ためにオススメなのが、

ハーブティーや天然の植物の香りです。

香りは、直接大脳辺縁系にはたらきかけて一瞬でマイナスになった心の状態をプラスにすることができるのです。

特に天然の植物の香りは、心へのアプローチとして最適。

新しい生活様式の心身のケアに植物の香りを取り入れてみませんか?

おすすめはメリッサの香り

メリッサ、いいんですよ〜。おすすめです。

レモンのような爽やかな香りは気分も明るくなります。

イライラや、緊張を解したり、鬱々とした気持ちを晴らしたり

弱った心を強壮してくれる、

やさしくて強い味方です。

メリッサ精油・・・でも・・・めっちゃ高いんですよね・・・・

メリッサ=レモンバーム

こちらは、最近収穫した レモンバーム というハーブの葉っぱです。

名前の通りレモンのような爽やかな香りが特徴です。

シソ科の多年草でミントのようにたくさん生えてきます。

しかし、ミントと違うところが・・・

それは、精油採油率。

そう、ハーブではレモンバームという名前ですが、

精油は メリッサ という名前。

メリッサの精油は採油率(植物から精油が採れる割合)が低く

1gの精油を採るのに 7kgもの植物が必要・・・

故に精油が高価なんですね。

メリッサ精油は、芳香浴のみのために購入するのは本当に贅沢。

かといって、トリートメントなどに使う際は皮膚刺激もあるので濃度など十分注意が必要です。

ところで、レモンバームはハーブティーにしても美味しいです!

メリッサ精油には手が届かなくても、ハーブティーは手に入りやすいですし

芳香蒸留水も手に入りやすいと思います。

あとは、メリッサ入りの化粧品とかを使用するのもいいかもしれませんね。

あらゆるストレスにオススメのメリッサ

ですが残念ながらApr.ではメリッサ精油仕入れてないんです・・・

高級精油はローズだけ。すみません。。余裕ができたら購入したいなと思います♪

今はそれより消毒液やらなんやらの出費がかさみます。(営業再開に向けて色々準備中)

アーカイブ

最近の投稿

2020年5月26日 12:51 PM  カテゴリー: blog, Diary

Now Loading