『らんまん』日本の植物学の父・牧野富太郎博士をモデルにした物語が朝の連ドラに!

pasja1000によるPixabayからの画像

連続テレビ小説「らんまん」が楽しみ

来春から始まる、朝の連続テレビ小説「らんまん」は、

なんと!植物の天才!

植物学者の牧野富太郎博士がモデルの物語!

ちょうど昨年のステイホーム中のブログで書いた際に色々調べていた人物で、

過去記事↓

 【植物学の日】雑草という名の植物はない

その際に、“朝の連ドラの物語にしたら絶対面白いのに!

男性だし(朝ドラはほとんど女性が主人公)なかなか・・・” 

というのを何かで見ていた記憶があったので

念願叶ってのことなのかな? と、こちらまでうれしく思います!

牧野富太郎博士は、経歴だけ見ても

小学校中退し、独学で植物を学び、東大の博士になるというすごい人物。

1500種類以上の新種の植物に名前を付け、

”雑草という植物はない”という名言も残された

植物への愛が異常なほどあふれている方。

そんな博士の物語が見れるなんて、とても楽しみです!

しかも、博士役は 神木隆之介さん。

似合いそうです。

“らんまん”(春爛漫、天真爛漫のらんまん)

というタイトルも良い!

期待しております。

来春までに、牧野富太郎さん関連の本でも読んでおこうかな~

<読みたい本>

高知県にある植物園もいつか訪ねてみたいです!

高知県立牧野植物園 THE KOCHI PREFECTURAL MAKINO BOTANICAL GARDEN

春の楽しみがまた一つ増えました♪

アーカイブ

最近の投稿

2022年2月2日 10:27 PM  カテゴリー: blog, book

Now Loading