ハーブ栽培〜春秋まきお花系の種をまきました〜カレンデュラ・カモミールジャーマン

今回はこの2種類のハーブ

少し涼しくなってきたので、

秋蒔きのハーブの種をまいてみました!

うちのベランダには、あまり花!という感じのハーブがなく・・・

草!という感じのばかりなので、今回はキク科のハーブを2種類

オレンジの可愛いお花が咲く

・カレンデュラ

こちらは、マリーゴールドとも呼びますが、園芸店でよく売っている観賞用のマリーゴールドとは別物なので注意!観賞用はハーブティーなどにできません。

種は、3〜5mmくらいですかね。ちょっと形が、虫みたいでした笑

花が咲いたら、花びらを乾燥させて

植物油にしばらく漬けると優秀なスキンオイルができます

(もしたくさん採れたら実践しますね)

エディブルフラワーとしてサラダに散らしたりも綺麗かも!

あと、土の中で忌避成分を出すので、線虫や害虫予防にもなるそうです

地植えの方は、一緒に植えると他の植物も守ってくれそうですよね

高さ35cm程になるそうなので、バランス良く植えたいです。

白い小さな可愛いお花が咲く

・カモミール(ジャーマン)

カモミールは、花が咲いたらハーブティーにしたいな〜!

種は、カレンデュラに比べて相当小さいです。粉みたい

直径2cmくらいの白いお花が咲きます。たくさん咲くといいな〜♪

気持ちを落ち着かせたり、お腹の調子が悪い時などにいつも使っているけれど

ちゃんとタネから育てるのは初めてです。

いよいよ種まき



今回はこのジフィーポットを使ってみました!

この中に土を入れて、種を植えて、育ったらそのまま植えることができる優れものらしいです。

プラごみが出ずにエコでもありますね!

ポットを使った方が丈夫な苗が作れるそうですが

もちろん直播でも大丈夫(直播・・・直接土にまく)

カレンデュラは、1つのポットに4粒、竹串で少し穴を開けてそこに乗せて覆土(土を上から被せる)しました。

カモミールは、細かいので・・・ひとつまみくらいを適当にパラパラまいて、

その上から軽く覆土しました。土を被さないと飛んでいってしまいそう!笑

ちなみに土は、ハーブ用の土を使いました

そうそう、あらかじめポットを水に浸けておいたんですが

種まき後は、霧吹きでタネが飛ばないように慎重に水をあげました。

しばらくはこんな感じで霧吹きで水を絶やさぬようにして育てます!

種の半分以上残してあるので、うまくいかなかったらまた試してみよう!

秋蒔きは、大体10月までですが最近気温が高いからもう少し大丈夫かも?

発芽適温が、どちらも15〜20度くらいです。

一応来年の春にも使える種なので、時間差で撒くのもいいかもな!

一緒にタネから育てよう!

今回使用した種は ”グリーンフィールドプロジェクト” というところの種。

F1種ではなく固定種の、有機種子です。

(その辺りの説明は、長くなるのでまた次のブログで)

みな様にもお裾分けできたらな!と、オンラインショップに置いてみました。

サロンでもおいているのですぐなくなってしまうかもしれませんが、

種まいてみたい方は是非!

カレンデュラ▼

 


カモミールジャーマン▼

 


アーカイブ

最近の投稿

2021年10月9日 7:34 PM  カテゴリー: blog, Diary, ガーデニング

Now Loading