ハーブ栽培〜カレンデュラ・カモミールジャーマン間引き・移植編

カモミールジャーマンの間引き

2021/10/26 ジャーマンカモミール 100均マクロ撮影

10月9日にまいたタネ。4日くらいで発芽して

その後、ジャーマンカモミールは、2週間すぎたくらいに双葉が出てきました。

カモミールはかなり密集して種を蒔いてしまったので、

ここで少しずつちょこちょこピンセットで間引き。

もったいないけれど・・・蔓延る前に少しずつ間引いていこう!

育ち方はみんなそれぞれ

2021/11/8 カレンデュラ

大体1ヶ月くらい経ったカレンデュラの苗です。

固定種の種なので生育がバラバラです。みんな一緒じゃないのがいいですよね。

さて、それぞれ成長してきたので、そろそろカレンデュラも少しずつ間引こうかなと思ったのですが・・・

写真を見てお分かりのように、一つのポットだけすごく大きい!笑

場所は入れ替えたりしてるので関係ないのですが・・・

2021/11/8 ジャーマンカモミール

カモミールも!一番左のが一番成長してますよね笑

なんでだろうー?不思議です。

負けるもんか!と周りの植物に影響するのかな?それとも間引き方の問題か・・・

カモミール、ちょこちょこ間引いているんですがまあまだまだあります笑

カレンデュラ移植してみた

この子達が、一番成長しているポットのグループなんですが、

その中で一番大きい子を移植してみました。

双葉移植

ちょっと本場が出てきたら、移植して根が切れることによって、根数が増えて丈夫な苗に育つとか?

時期としては発芽から1〜2週間後くらいが良いそうなのですが、3週間以上経ってしまってます・・・どうなることやら?

ピンセットで深めに引っ張ったのですが、結構根が張っていて、取りにくかった・・・やっぱりもっと早くすべきだったかも?

というか、一番小さい子を移植すれば良いのか???

ともあれ一番大きい子を特等席へ移植完了。

カモミールも移植してみた

カモミールも、この子達のグループから一番大きい子を移植!

双葉移植どころか・・・結構大きくなってしまってますが・・・

こちらも結構蔓延ってる笑

ピンセットで切れないように慎重に・・・

割り箸でやっても良いそうですが、最終的にピンセットで掘ったあと手で。

そしてこちらの特等席へ

ちょっと日陰で様子見

特等席の子たち

すくすく育ってくれるかな??

大きくなってから根を痛めるのは良くないそうなので、ちょっと心配ですが

ひとまず日陰でたっぷりお水をあげて様子見です。

おすすめは間引いたやつを移植

今回は、一番大きい子を移植しましたが、

本当は多分、一番大きい子は残して

まだ、根が蔓延る前に、間引いた子を移植した方が良いのだろうと思います!

私もまた、色々試してみようと思います!

関連記事

ハーブ栽培〜春秋まきお花系の種をまきました〜カレンデュラ・カモミールジャーマン

100均マクロレンズで撮影!ハーブ栽培〜カレンデュラ・カモミールジャーマン発芽編

アーカイブ

最近の投稿

2021年11月8日 12:30 PM  カテゴリー: blog, ガーデニング

Now Loading